豊田市防火危険物安全協会は、消防機関と協会員で防火を促進する団体です

電話番号000-000-0000
メニュー

協会概要

会長挨拶

豊田市防火危険物安全協会は、可燃性危険物を取り扱う事業所及び各種団体、組合、その他の事業所で組織されています。消防機関と会員相互の連携を図り、豊田市が安全安心で住みよいまちになるよう、危険物の取扱いによる事故防止や、防火防災意識の普及啓発に寄与する活動を、会員一同で努力しております。
今後もさらなる、防火防災の輪を広げるよう邁進してまいりますので、豊田市防火危険物安全協会へのご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

会長 山下 一美

 

協会の目的

豊田市防火危険物安全協会は、消防機関と当協会の会員が連携して、社会に対しての防火・防災に関する思想の普及や、啓発を行っています。防火管理や危険物の安全管理を徹底することによって、火災および危険物に起因する災害を防止し、豊田市防火危険物安全協会員の事業振興や発展、また社会公共の福祉の増進に寄与することを目的に設立されています。

沿革

昭和34年7月 豊田市危険物安全協会設立(12会員)
昭和46年10月 豊田市防火協力会設立(19組合、25事業所)
平成13年6月 豊田市危険物安全協会と豊田市防火協力会が統合し、平成13年6月5日、豊田市防火危険物安全協会を設立
平成17年4月 市町村合併に伴い、豊田市防火危険物安全協会(375会員)と、近隣の加茂危険物安全協会(33会員)・足助地域危険物安全協会(44会員)が合併

会員構成・会員数

【会員構成】
市内の事業所、業種団体等
※具体的には、自動車関連企業、ガソリンスタンド、運送業者、ホテル、病院、物品販売店、業種団体(アパート協同組合、飲食業組合、管工事業組合、クリーニング組合、喫茶環境衛生同業組合、すし商組合、ホテル旅館組合、麻雀業組合、遊技業防犯組合、金融協会)など

会員数 335(令和3年10月1日現在)
※会員名簿は下記よりダウンロードしてご確認ください。
ダウンロード

役員等の構成

会長 1名
副会長 4名
会計 2名
理事 25名
監事 2名
顧問 1名(消防長)
ダウンロード